自分で大事に育てた自宅の庭のチューリップを持ってお墓参りにいきたい

「自分で大事に育てた自宅の庭のチューリップを持ってお墓参りにいきたい」というご希望です。

お庭のチューリップが咲いたタイミングで郡山にお墓参りに行かれました。

IMG_0066

奥様とは数年前に死別し、自分は文句も言わないけど口数も少ないから奥さんは不満だっただろう。
それにどこにも連れて行かなかった。
と、奥様の遺影をポケットに忍ばせ一緒に連れて行かれました。

IMG_0072

「まさか郡山に来られると思ってもみなかった」と、感慨深げに外の様子をご覧になります。

庭で育てたチューリップをお墓に添え、

IMG_0070 IMG_0069

「長いこと来ずにすみません」と手を合わせられました。

IMG_0071-225x300
ちょうどお墓まいりの間だけ雨がおさまり、何ともラッキーでした。

到着する前はご実家には行かないとおっしゃっていましたが、ここまでくるとやはり寄りたいとのことで立ち寄られました。
ご親戚の方ともお会いしました。

桜が満開なのを見て「お陰様で今年は2回も桜を見ることができた!」と喜ばれていらっしゃいました。

IMG_0068

車窓からの眺めに、姪御さんに昔はこの通りはこう呼ばれていた、
よくこの近くの温泉に行っていた、
などと説明されてうれしそうなご様子でした。

姪御さんのご希望で、妹さまの入院されている病院へ。

IMG_0074

後ろ右が森トラベルヘルパー

妹さまはあまり言葉を発せず、お兄さまをご覧になるまでは表情少なくされていましたが、
お顔をみた途端に涙され、感動の再会を果たされました。

妹さまに、
「ちゃんと嫌がらずにリハビリしないといけないよ。
俺は誰も面倒みてくれる人がいないから、歩けなくなったら終わりだと思って毎日歩いている。
だからお前も甘えないで頑張らなきゃだめだよ」
と励まされていらっしゃいました。

帰りの車内でも「まさか本当に来られると思わなかった。有難いです。」と繰り返されていました。

IMG_0066

想いのいっぱい詰まったチューリップです

ABOUTこの記事をかいた人

【あ・える倶楽部】の篠塚千弘です。
トラベルヘルパーと「うれしい外出」をする方が増えてまいりました。なんでもいい、どこでもいい、その方が「あきらめた外」のご希望をいろいろな形でトラベルヘルパーで叶えていただきたいです。お出かけや介護旅行の相談はお気軽に【あ・える倶楽部】にお問合せ下さい!
http://www.aelclub.com/kaigoryoko/
もっと気軽にトラベルヘルパー!近くのトラベルヘルパーさんに来てもらいたい!という方は、トラベルヘルパーマッチングサイト【アエルズ】をご利用ください
https://www.ayellz.jp/
東京23区とその周辺、神奈川、埼玉、千葉の一部を対象に、トラベルヘルパーを今日使いたい!明日お願いしたい!定期的に利用したい!という方、30分からの簡単なお出かけや近くのお出かけ時に気軽にトラベルヘルパーを探せます。登録は無料ですので、具体的にお出かけの予定が無くても登録しておくと、急なお出かけが決まった時に慌てずに便利です。