日本最北端「稚内」厳冬を味わいつくす旅。

先週末14日土曜日から16日月曜日まで、

宮下さんが、H様と北海道に行ってきました。

この時期に北海道??

しかも最北端の稚内??

なぜ?????

H様の今回の旅の目的は、

1 日本の北の果て「稚内」の寒さを味わう

2 宗谷岬の歌碑を見る

というこの二つ。

が、、、

出発当日、

吹雪のため、羽田→稚内の飛行機はすべて欠航。

初っ端から、アクシデント。

トラベルヘルパー宮下さんより、H様へのご提案は以下三択。

1 別のところに行き先を変更する。

2 旅行を取りやめる。

3 このまま手段を変えて稚内に行く。

H様、迷わず「3」を選択。

90214細野様稚内 010.jpg

「這ってでもいくよ」と、H様。

そして、羽田から旭川まで飛び、旭川から稚内まで、車で走る、ということになりました。

H様は、演歌の詞を書かれます。

作曲家船村徹さんのお弟子さんです。

その船村先生の作曲した「宗谷岬」の歌碑の前で記念撮影。

H様の念願が達成されました。

90214細野様稚内 218.jpg
H様と、妹様のN様、トラベルヘルパー宮下さん。

日本最北端の地。

地吹雪舞う稚内。

90214細野様稚内 221.jpg
ぅわーーー、寒いっ!と、じっとしていられない。

90214細野様稚内 271.jpg
朝5時。

ホテルの窓から海を眺める、H様とトラベルヘルパーの宮下さん。

なんだか味わいある写真。

帰りは、稚内駅から宗谷本線に乗る。

90214細野様稚内 274.jpg
東京駅より、1596.1km。。。

んーーーー、遠い。

90214細野様稚内 134.jpg
宗谷本線、車窓から海を眺めるH様。

何を思っていらっしゃるのでしょうか。。。

新しい作詞に思いをはせているのでしょうか。。。

思わぬアクシデントから始まった旅でしたが、

道中、たくさんの方との「一期一会」に恵まれ、

H様念願の「歌碑」を見ることができ、

寒さの中、旅路を楽しまれたそうです。

この旅で、新しい演歌の歌詞が出来上がったら、是非、聞かせて下さい。

楽しみにしています!!!

最後に、「宗谷岬」の歌詞を、どうぞ。

吉田弘作詞・船村徹作曲/昭和49年

流氷(りゅうひょう)とけて 春風吹いて
ハマナス咲いて カモメもないて
はるか沖(おき)ゆく 外国船の
煙もうれし 宗谷(そうや)の岬(みさき)
流氷とけて 春風吹いて
ハマナス揺(ゆ)れる 宗谷の岬

吹雪(ふぶき)が晴れて 凍(しば)れがゆるみ
渚(なぎさ)の貝も 眠りがさめた
人の心の 扉(とびら)を開き
海鳴り響く 宗谷の岬
流氷とけて 春風吹いて
ハマナス揺れる 宗谷の岬

幸せ求め 最果(さいは)ての地に
それぞれ人は 明日(あした)を祈る
波もピリカの 子守のように
想い出残る 宗谷の岬
流氷とけて 春風吹いて
ハマナス揺れる 宗谷の岬

ABOUTこの記事をかいた人

篠塚千弘

【あ・える倶楽部】の篠塚千弘です。
トラベルヘルパーと「うれしい外出」をする方が増えてまいりました。なんでもいい、どこでもいい、その方が「あきらめた外」のご希望をいろいろな形でトラベルヘルパーで叶えていただきたいです。お出かけや介護旅行の相談はお気軽に【あ・える倶楽部】にお問合せ下さい!
http://www.aelclub.com/kaigoryoko/
もっと気軽にトラベルヘルパー!近くのトラベルヘルパーさんに来てもらいたい!という方は、トラベルヘルパーマッチングサイト【アエルズ】をご利用ください
https://www.ayellz.jp/
東京23区とその周辺、神奈川、埼玉、千葉の一部を対象に、トラベルヘルパーを今日使いたい!明日お願いしたい!定期的に利用したい!という方、30分からの簡単なお出かけや近くのお出かけ時に気軽にトラベルヘルパーを探せます。登録は無料ですので、具体的にお出かけの予定が無くても登録しておくと、急なお出かけが決まった時に慌てずに便利です。