「福祉の進んだスウェーデンでお身体の不自由な方がどのように暮らしているか見てみたい」を叶える6日間の旅。

お客様からいただいたオーダーが、
福祉の進んだスウェーデンで
お身体の不自由な方が
どのように暮らしているか見てみたい
さっそく、あ・える倶楽部では6日間の福祉の国スウェーデンの旅を手配させていただきました。
ご自宅からタクシーにて中部国際空港へ。
フィンランド空港利用。

ヘルシンキを経由しストックホルムへ。
4/24:午前は自由行動。午後、SAMHALL視察
4/25:終日自由行動
4/26:午前自由行動。午後、N様お宅訪問。JAG(パーソナルアシスタント派遣団体)訪問
4/27:午前ストックホルム空港へ移動。ヘルシンキを経由し日本へ。
4/28:朝、中部国際空港着。タクシーにてご自宅へ。
念願のスウェーデンに到着。
120427.jpg
ストックホルム市内観光。
120427 (2)
街並みや建物に「きれいねぇ!すばらしいわ!」と景色を楽しまれました。
120427 (3)
ビールが大好きなN様は、スウェーデンのビールは味が濃くておいしい!と、満面の笑顔。
120427 (4)
食事のボリュームにも驚きのご様子です。
120427 (5)
「食べ物もビールも全部おいしい!」
20120509.jpg
同じようにハンディを持ったN様と会って、
仕事のこと、スウェーデンの福祉の状況のこと、など、お話しする。
20120509 (2)
「すばらしい!勇気づけられる!」とN様。
「ハンディを持った人たちが中心となって、ここまで大きな組織が作れるなんて、
本当にスウェーデンってすばらしい」
と、JAG(パーソナルアシスタント派遣団体)について、JAGのスタッフの熱心な温かい対応について、
感心、感謝されていらっしゃいました。
20120509 (3)
アルファロメオ社の山道でも移動スイスイな車いすに試乗してみました。
20120509 (4)
事務所でJAGスタッフの方と、トラベルヘルパーの円田さんと、ピース。

120427 (8)
N様とトラベルヘルパー円田さん。
美しいスウェーデン、
やさしいスウェーデン、
そして、ビールのおいしいスウェーデンを、
笑顔いっぱいで体験していただきました。

ABOUTこの記事をかいた人

篠塚千弘

【あ・える倶楽部】の篠塚千弘です。
トラベルヘルパーと「うれしい外出」をする方が増えてまいりました。なんでもいい、どこでもいい、その方が「あきらめた外」のご希望をいろいろな形でトラベルヘルパーで叶えていただきたいです。お出かけや介護旅行の相談はお気軽に【あ・える倶楽部】にお問合せ下さい!
http://www.aelclub.com/kaigoryoko/
もっと気軽にトラベルヘルパー!近くのトラベルヘルパーさんに来てもらいたい!という方は、トラベルヘルパーマッチングサイト【アエルズ】をご利用ください
https://www.ayellz.jp/
東京23区とその周辺、神奈川、埼玉、千葉の一部を対象に、トラベルヘルパーを今日使いたい!明日お願いしたい!定期的に利用したい!という方、30分からの簡単なお出かけや近くのお出かけ時に気軽にトラベルヘルパーを探せます。登録は無料ですので、具体的にお出かけの予定が無くても登録しておくと、急なお出かけが決まった時に慌てずに便利です。