故郷山形へ。ご本人の「温泉に入りたい」という思いと息子様の「入れてあげたい」という思いで、息子様と大浴場に入られたことは皆の大きな喜びでした。

家族あいプロジェクト様と、あ・える倶楽部の合同倶楽部活動のご紹介です。

山形県のご出身で、何年も故郷へ戻っていないご両親にふるさとへの旅をお嬢様ご子息からプレゼントです。

東京駅で集合して出発です。
IMG_0103
左が今回のご旅行にご一緒した宮澤トラベルヘルパー。

東京からの新幹線の中でだんだんはっきりしてきて、山形に行くことなどお話し下さいました。

IMG_0107

お孫さんへは満面の笑みで話しかけられていらっしゃいました。

 

山形の駅ではご兄弟が出迎えて下さり久し振りの再開に皆様喜ばれました。

IMG_0111

IMG_0112
家族団らんのお夕食です。

IMG_0120

 

ご家族は入浴は無理だと思っていましたが、お父様が「お風呂は何時まで?」と何度も聞き、入るつもりになっていらしたので、ご子息が大浴場を見に行き「手すりも椅子もあるから大丈夫。」とおっしゃり入れてくださいました。

 

二日目は、お母様のご実家へ。

IMG_0124

ご仏壇に手をあわせ、帰郷のご報告をされました。

IMG_0129

その後、昼食はご親戚が集まり蕎麦屋さんへ。

IMG_0132
兄弟姉妹がそろい賑やかな昼食でした。

ご両親ともにとても楽しみにされていらっしゃいましたので、会話が弾みお食事もすすみました。

IMG_0136

 

お墓参りへ。

IMG_0141 IMG_0142 IMG_0144 IMG_0145 IMG_0146

昔住んでいらっしゃったご実家は今はどなたも住んでいらっしゃらないので中には入れませんでしたが、
家の周りを一回りして思い出話をたくさんしてくださいました。
IMG_0152

宿泊したあづま屋は昔よくお世話になったお宿だそうです。
IMG_0156

無理だと思っていた大浴場での入浴もご子息が一緒に入って下さったり、車いすを押してさしあげたり、旅の間、親孝行を発揮して下さいました。
IMG_0149

お孫さんも、おじいちゃまの車椅子を押すのを手伝ってくれ、とても喜んでいらっしゃいました。

IMG_0157

故郷山形への旅を終え、「この次は是非富士山に行きましょう。」とお話しして握手をしてお別れしました。

ABOUTこの記事をかいた人

【あ・える倶楽部】の篠塚千弘です。
トラベルヘルパーと「うれしい外出」をする方が増えてまいりました。なんでもいい、どこでもいい、その方が「あきらめた外」のご希望をいろいろな形でトラベルヘルパーで叶えていただきたいです。お出かけや介護旅行の相談はお気軽に【あ・える倶楽部】にお問合せ下さい!
http://www.aelclub.com/kaigoryoko/
もっと気軽にトラベルヘルパー!近くのトラベルヘルパーさんに来てもらいたい!という方は、トラベルヘルパーマッチングサイト【アエルズ】をご利用ください
https://www.ayellz.jp/
東京23区とその周辺、神奈川、埼玉、千葉の一部を対象に、トラベルヘルパーを今日使いたい!明日お願いしたい!定期的に利用したい!という方、30分からの簡単なお出かけや近くのお出かけ時に気軽にトラベルヘルパーを探せます。登録は無料ですので、具体的にお出かけの予定が無くても登録しておくと、急なお出かけが決まった時に慌てずに便利です。