前橋・臨江閣ライトアップ

群馬県前橋市の利根川近くに建つ臨江閣(別館)。

1910年に貴賓館として建設された書院風建築の建物です。

このほど改修工事が終了し、9月から内部が一般公開されるとのこと。

現在は、来年2月末までの予定で毎晩ライトアップが行われています。(18:30~23:00)

ライトアップの色は、創建当時の着物の流行色をイメージしたもので、「若竹色」「茄子紺色」など。

幻想的に浮かび上がる姿は、とても綺麗です。

ご見学には敷地隣の前橋公園の駐車場がご利用いただけます。(多目的駐車場もあり)

多目的トイレも公園内に整備されています。

段差も少なく、比較的移動しやすいですし、明かりもついておりますが、

夜間なので ご注意ください。

また、公園から臨江閣(別館)の玄関側にまわる際には、公園敷地内ではなく、

公園わきの歩道を移動するほうが安全です。

前橋公園の駐車場と、入口。公園内の多目的トイレ。

公園側から望む 臨江閣別館。

玄関側から望む臨江閣別館。

*臨江閣は敷地内にきれいな庭園も整備されており、日中は見学できます。

上記写真は、2015年12月の前橋公園と、臨江閣庭園の写真。

前橋公園案内図と、公園内の噴水。(2016.4撮影)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

群馬県在住のトラベルヘルパー。安全に楽しく同行させて頂くとともに、思い出と将来をつなぐ「タイム・トラベルヘルパー」を心がけます。また、見どころの多い群馬に足を運んでいただきたく、バリアフリー情報を発信していきます!